タント ドア、リアフェンダー板金修理

道路のガードパイプに接触したようで、結構パイプの跡が

きつく、エグレ方がひどいです。

取替えだと高額になるし事故車になってしまうので板金して

ほしいとの依頼でした。

頑張って板金していきます。(^_^)

プレスラインのダメージがきついですが板金の状態でここまで綺麗に叩き出します。裏からたたけないところは、プーラー(へこみ部分にワッシャー状のものを溶着し引き出す機械)で引き出し全体に凹みがない状態にします。

次に脱脂してパテを付けていきます、板金で残ったヒズミの修正をしていきます。

ペーパーで整形して、仕上げのパテを塗りまた整形して仕上げて行きます。

サフェーサー(パテ研ぎのキズを消す)を塗装して防錆して乾いたら、スポットパテと言われる目視でわからないキズやピンホールを埋めます。

その後塗装前の足付け作業(ペーパーによるパネル面への傷をつけ塗装を剥がれなくする作業)を行い、脱脂して本塗装になります。

塗装が終わったら 乾燥させて、磨いて

組み付けて洗車して 納車になります。