【 ルーフ 編 】

幌タイプの オープンカーということで

やはり 

一番劣化の激しい部分でもありますね。

破れや骨格の錆、腐り、汚れ等が主です

​張替えや 錆処理の作業がメインです。

サクサクっと

ルーフ及び周辺パーツを外します。

IMG_2158.JPG
NZSO4656.JPG
IMG_0677.JPG

​【リアガラスパネル回り キャンバス地張替え レストア作業】

ゴムを切らないよう そぉーと丁寧に(笑)ガラス外して

キャンバスめくって (接着剤で張り付けてあるので)接着のりを 

落としていきます。

案の定さびもあり 劣化してるので 下地やり直して

サフェーサー➡ブラック塗装➡接着剤塗布➡新品キャンバス張付 

の手順ですが 貼り付けなので一発勝負でやり直しは出来ません 

ガラスのハマるとこが アールがきつく立体なので とても大変です。 

​キャンバス地密着部分の錆がひどく ワイヤー可動部の固着があるので、修正していくのですが、新品供給がないのです。

よって なんとか復元していきます。

キャンバスの縫い目から雨水は侵入するので どうしても経年の水分により 錆が出ます。

​オープンカーの宿命なので 屋根がある車庫の保管が望ましいですね。

【ルーフトップ キャンバス張替&

開閉ルーフ骨格レストア さび修正】

​錆で腐った部分の カット鉄板溶接 板金 加工 腐っていない部分の錆処理

薬品や下地のやり直しによる復元作業(;^_^A

すべて直してからの キャンバス地の張替 心折れそうになりながら

頑張りました。

​おかげで きれいに仕上がりました。